雒樹剛文化観光部長を団長とする中国芸能人代表団が2日、北朝鮮を親善訪問するため平壌入りした。朝鮮中央通信が伝えた。

訪問は、北朝鮮文化省の招請によるもの。同日、三池淵(サムジヨン)管弦楽団による歓迎公演が行われ、続いて北朝鮮文化省による歓迎宴が開かれた。

公演と宴会には北朝鮮側から朝鮮労働党の朴光浩(パク・クァンホ)、李洙墉(リ・スヨン)の両副委員長、朴春男(パク・チュンナム)文化相、朝鮮文学芸術総同盟の安東春(アン・ドンチュン)委員長らが参加した。