北朝鮮と韓国は26日、板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「統一閣」で、南北首脳会談で発表された「9月平壌共同宣言」履行のための将官級軍事会談を行った。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:北朝鮮の地雷が韓国兵士を吹き飛ばした瞬間…対立の歴史的証拠

会談には朝鮮人民軍の安益山(アン・イクサン)陸軍中将と韓国軍の金度均(キム・ドギュン)陸軍少将が参加。「会談で双方は、『9月平壌共同宣言』付属軍事合意書の初の段階の履行状況を総合的に点検、総括し、次の段階の履行において提起される実務的問題を論議し、必要な対策を講じていくことにした」という。

また韓国側の発表によれば、双方は板門店の共同警備区域(JSA)内にあるそれぞれ11カ所の監視所について、来月末までに兵力と装備を撤収して完全に取り壊し、12月中に相互検証を行い、全ての撤収作業を終えることで合意した。