北朝鮮当局は最近、国内外の音楽や映像作品70余りを「不純宣伝物」に指定し、視聴や上映、配布を禁止する措置を取ったもようだ。驚くべきは、指定された作品の相当数が、金正恩ファミリー(金王朝)や朝鮮労働党を礼賛する内容のものだということだ。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によれば、当局者はその理由について「作品に出演した俳優や歌手が、体制に不満を持ち政治的に処理されたため」と説明したという。

禁止された作品の具体的な名前やより詳細な背景については、いずれ取材結果を交えて述べることにしたい。ともかくいま言えるのは、またもや北朝鮮芸術家たちの「受難」が始まった可能性があるということだ。

北朝鮮では金正恩時代に入り、芸術家が粛清・処刑される事件が繰り返し起きている。

ひとつが、金正恩氏の元妻・李雪主(リ・ソルチュ)氏がかつて所属していた銀河水(ウナス)管弦楽団メンバーの虐殺事件である。李雪主氏の「異性問題」に絡み、複数の芸術団メンバーがきわめて残忍な方法で処刑されたのだが、当局はその様子を、刑場に集めた芸術関係者数千人に見せつけた。前列で見ることを強要された女性歌手らの中に、失禁しなかった者はいなかったという。

(参考記事:金正恩氏「美貌の妻」の「元カレ写真」で殺された北朝鮮の芸術家たち

また、金正恩氏の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長が粛清された際にも、多数の芸術家が巻き添えになった。その中には一時、北朝鮮の銀幕スターだった女優キム・ヘギョンがいる。

(参考記事:【写真】女優 キム・ヘギョン――その非業の生涯

彼女の悲惨な運命については、脱北者で平壌中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表が詳しくレポートしている。粛清情報は太永浩氏の証言と一致する。

また、張成沢氏の粛清に際しては、彼につながる外交官たちも粛清された。その中に、前駐スウェーデン大使のパク・クァンチョル氏がいる。彼の息子の嫁は、2007年にカンヌ映画祭でも上映された北朝鮮映画『ある女学生の日記』に主演した「清純派女優」のパク・ミヒャンだ。

(参考記事:【写真】映画『ある女学生の日記』の主演女優パク・ミヒャン

彼女は夫や幼い息子とともに、政治犯収容所に送られてしまったという。

さらには北朝鮮の大人気映画で、海外でもよく知られている『洪吉童(ホンギルトン)』のヒロインも粛清された。これまた「清純派女優」であるパク・チュニは、張成沢氏の甥である張ヨンチョル元駐マレーシア大使の妻だった。彼女自身は処刑を免れたものの、収容所に送られたとも、山間僻地に追放されたとも言われている。

(参考記事:「あまり美人に育たないで」北朝鮮の親たちが娘の将来を案じる理由

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記