北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、朝鮮労働党の創建73周年に際し、シリアのバッシャール・アサド大統領とラオス人民革命党のブンニャン・ウォラチット書記長(国家主席)が金正恩党委員長に祝電を送ったと伝えた。

同通信によれば、アサド氏は祝電で「貴党の指導を受ける朝鮮民主主義人民共和国が世界のあらゆるテロリストに立ち向かって戦うシリア人民を支持していることについて高く評価するとともに、シリアでの対テロ戦がほとんど最終段階に入り、シリアがあらゆるテロと侵略、植民地主義勢力に反対する闘争で必ず勝利するということを確言する」と述べている。

またブンニャン氏は「朝鮮労働党の洗練され果敢な指導の下、兄弟的朝鮮人民が党中央の周りに固く結集した軍民大団結の伝統によって祖国防衛と社会主義強国建設の各分野で引き続き大きな成果を収め、国の平和的統一偉業を成し遂げるだろう」との確信を述べた。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長にシリア大統領から祝電

【平壌10月5日発朝鮮中央通信】金正恩国務委員長にシリアのバッシャール・アサド大統領から2日、祝電が寄せられた。

電文は、次の通り。

私は、朝鮮労働党創立73周年になる2018年10月10日に際して、シリア・アラブ人民と私自身の名であなたに最も熱烈な祝賀を送るとともに、あなたがさらなる進歩と勝利、成果を収めることを願う。

労働者、農民、知識人をはじめとする人民大衆の中に深く根を下ろし、自己の民族的偉業の勝利のために闘っている革命的で大衆的な各党は人民の力に頼ってあらゆる挑戦に立ち向かって祖国を富強に建設し、国の独立と自主権を守り抜いている。

私は、貴党の指導を受ける朝鮮民主主義人民共和国が世界のあらゆるテロリストに立ち向かって戦うシリア人民を支持していることについて高く評価するとともに、シリアでの対テロ戦がほとんど最終段階に入り、シリアがあらゆるテロと侵略、植民地主義勢力に反対する闘争で必ず勝利するということを確言する。---

金正恩党委員長にラオス人民革命党中央委書記長から祝電

【平壌10月5日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である金正恩・朝鮮労働党委員長に4日、ラオス人民革命党(LPRP)中央委員会のブンニャン・ウォラチット書記長から祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

尊敬する金正恩同志。

私は、朝鮮労働党創立73周年に際してラオス人民革命党中央委員会と全ての党員と人民の名で、あなたと朝鮮労働党中央委員会と全ての党員と兄弟的朝鮮人民に熱烈な祝賀と祈りのあいさつを贈る。

われわれは、これまでの73年間、朝鮮人民の偉大な先代領袖たちである金日成主席と金正日同志、そして革命偉業の継承者である金正恩同志を首班とする朝鮮労働党の洗練されて果敢な指導の下、兄弟的朝鮮人民が各分野で大きな成果を収め、国の政治的安定と国防、安全防衛事業が強化され、経済が引き続き発展して裕福な生活と幸福を享受していることについてたいへん喜ばしく思う。

われわれは、朝鮮労働党の洗練されて果敢な指導の下、兄弟的朝鮮人民が党中央の周りに固く結集した軍民大団結の伝統によって祖国防衛と社会主義強国建設の各分野で引き続き大きな成果を収め、国の平和的統一偉業を成し遂げると確信する。

このめでたい機会に、ラオス人民民主共和国と朝鮮民主主義人民共和国の両党、両政府、両国人民間の伝統的で全面的な友好・協力関係が引き続き強化され、発展することを願う。

あなたの健康と幸福、崇高な偉業の遂行における大きな成果を願う。---

    関連記事