同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 独島強奪に狂った日本反動層の策動を糾弾

【平壌10月3日発朝鮮中央通信】最近、日本政府が独島を「自国の領土」と主張する資料調査報告書なるものを内閣官房のインターネット・ホームページに掲示した。

3日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは独島強奪に狂った日本執権勢力の腹黒い下心の発露であると暴いた。

今年の1月、日本は東京都の都心で独島が「自国の領土」だと言い張る領土主権展示館の開館式を行った。

その後、外交青書、防衛白書のような文書にも「独島領有権」を主張する文句を引き続き明記した。

    関連記事