北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は29日、ニューヨークで開催中の第73回国連総会で演説し、「(非核化に向けた)朝米共同声明の履行が膠着している原因は、米国が信頼づくりよりも強権に執着しているためだ」と述べるとともに、「それが招く予測不能な結果の最大の犠牲は米国自身になる」と警告した。朝鮮中央通信が30日付で伝えた。

李氏は、「金正恩委員長は朝鮮半島を核兵器も、核脅威もない平和の地盤につくるための確固たる意志を持って果敢な首脳外交活動を繰り広げた」として、非核化の意思を改めて表明。6月の朝米首脳会談で発表された共同声明は円滑に履行されねばならず、「そのためには何よりも朝米両国が信頼づくりに手間をかけなければならない」と主張した。

そのうえで李氏は、非核化と朝鮮半島の平和体制構築は「同時行動の原則に基づいき、可能なことから一つずつ段階的に実現していかなければならない」と強調。「しかし、これに対する米国の相応な応えを、われわれは見られずにいる」と不満を露わにした。

また、「米国の政治的反対派は単に政敵を攻撃するための口実として、朝鮮を信じられないと中傷している」と指摘。暗にトランプ米大統領を擁護しつつ、朝米対話に懐疑的な勢力に批判の矛先を向けた。