北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は9月30日、米国が非核化実現まで制裁を維持する姿勢を示していることについて「矛盾だ」と反発する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、中国とロシアが制裁緩和に前向きであることに言及。「しかし、米国は不当な理由を持ち出して制裁のこん棒を振り回し続けようとしている」と指摘した。

論評は続けて「制裁と対話は絶対に両立しない」としながら、「米国が制裁・圧迫の度合いを強めながら相手と対話しようということこそ、矛盾だと言わざるを得ない」と強調した。