北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)と韓国の文在寅大統領は19日に「9月平壌共同宣言」を発表した後、夫人らを伴い、平壌のメーデースタジアムで大マスゲーム・芸術公演を観覧した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:金正恩氏が韓国大統領を連れて行く「恐怖写真」の撮影場所

マスゲームと公演の終了後には、金正恩氏と文在寅氏がそれぞれ演説した。韓国の大統領が北朝鮮の大衆の前で演説を行うのは、史上初めて。文在寅氏の演説は当初、1~2分の予定と伝えられていたが、実際には7分間にわたった。

同通信によれば、金正恩氏は演説で、「文在寅大統領と会って北南関係の発展において新しい里程標となるもう一つの結実をつくり出した」と述べ、文在寅氏に感謝を述べた。

文在寅氏は「同胞愛の情で自分らを温かく迎えて手厚く歓待してくれた平壌市民に真心こもった感謝のあいさつを伝えるとともに、南北関係を全面的に発展させて平和的未来を早めていく意志を披れきした」という。

    関連記事