北朝鮮の新しい国連大使が先ごろ米国政府から査証(ビザ)の発給を受け、18日から始まる国連総会の前に赴任する見込みだという。韓国の聯合ニュースが、国連外交筋の話として伝えた。

(参考記事:「非核化、トランプ氏の1期目の任期内に」金正恩氏が表明

北朝鮮の新国連大使はキム・ソン氏。前任の慈成男(チャ・ソンナム)氏は7月下旬に4年余りの任務を終えて帰国した。共同通信によれば、北朝鮮が5月に在中国米国大使館でキム氏のビザを申請したが、発給が遅れていた。北朝鮮の非核化が進展しない中での、米国による「圧力」との観測も出ていた。