北朝鮮とミャンマー軍事政権の核開発協力疑惑を明らかにする米国務部の外交電文が9日、公開された。

英国の日刊紙ガーディアンがウィキリークスから入手し、この日公開した昨年8月7日の外交電文によれば、ミャンマー政府の内部事情に精通した情報部員がミャンマーが平和目的で原子炉を建設しており、これと関連し北朝鮮の協力を受けていると明らかにした。

この情報部員は、ミャンマー駐在のオーストラリア大使にミャンマーと北朝鮮の協力は在来式武器の分野を越えると強調し、ミャンマーの核開発ではロシアがソフトウェアを引き受け、北朝鮮はハードウェアを支援していると話した。

外交電文では、北朝鮮技術者がミャンマーの核施設と思われる地下施設の建設とミサイル生産に参加しているという内容もある。

2004年8月27日の外交電文によれば、ミャンマーの首都ヤンゴンから北西側に480kmほど離れたマグェ地域の地下軍事施設の建設現場で、北朝鮮技術者と約300人が目撃されている。

匿名の目撃者は、北朝鮮技術者がミャンマー人と共に深さが約150m程のの地下軍事施設の建設現場でコンクリート作業を行っているのを目撃したという。

外交電文は、この北朝鮮の技術者らが対空ミサイル(SAM)の組み立てにも関与していたと報告しているが、その人数は300人に満たない可能性が高いと思われる。

また、2004年1月20日の外交電文は、海外に居住する事業家を引用し、マグェ地域で1ギガ規模の原子炉が建設中との噂があると報告している。

この事業家は、現地で大きな鋼鉄の棒が積まれた船舶がほぼ毎週到着しており、この鋼鉄の棒が工場建設に使われるという話を聞いたとし、この大きさから判断すると一般の工場よりよりも規模の大きな施設に使われるとの見解を提示した。

この外交電文は、この地域で核施設が建設されており、ロシアがミャンマーの原子炉建設プロジェクトに協力しているという噂が2002年から出回り始めたと付け加えた。

    関連記事