米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7日、民間の衛星写真を分析した結果として、北朝鮮・平壌近郊にあった大陸間弾道ミサイル(ICBM)組み立て施設が完全に解体されたと報じた。

この組み立て施設は平安南道(ピョンアンナムド)の平城(ピョンソン)に位置する自動車工場内にあった。VOAは「1日時点で、施設があった場所には布らしき物が置かれているだけで、建物や建築資材は全くなかった」と伝えた。VOAによると、7月には施設の解体が進む様子が捕捉され、最新の写真では構造物がそっくり消えた。

北朝鮮の軍幹部にとって、このようなミサイル能力の削減は、非核化同様に複雑な思いを抱かせるものかもしれない。飢えや性的虐待のはびこる北朝鮮軍は、弾道ミサイル部隊や一部のエリート部隊を除き、ほとんど戦力として期待できないからだ。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

また、北朝鮮軍は弾道ミサイル技術を完成させるために、多大な犠牲を払ってきた。

北朝鮮は昨年11月、ICBM「火星15」をこの施設で移動式発射台に積んだ後、すぐに発射したとされる。9日の閲兵式で、登場するかどうかが注目されるミサイルだ。

発射の際、軍の兵士と思しき人物が、エンジンから噴出された火炎に焼かれて死亡したとの情報が出ている。しかも北朝鮮が公開した映像に、その場面が映っていたという。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が北朝鮮国内の複数の情報筋の話として伝えたところでは、北朝鮮の軍内部ではもちろん、テレビでこれを見た人々の間で衝撃が広がったという。

(参考記事:【画像】「炎に包まれる兵士」北朝鮮、ICBM発射で死亡事故か…米メディア報道

また、北朝鮮は3月22日で弾道ミサイルの発射に失敗した際、発射する前の運搬中か、ミサイルを立てる段階で爆発したとされている。米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、同月28日に撮影された、東海岸の元山(ウォンサン)にある葛麻(カルマ)空港の衛星写真を分析。その結果、ミサイル発射台に向かう2本目の滑走路において、110メートル大の爆発の跡が確認されたのだ。

さらに、2016年10月20日にも、ムスダンと見られる中距離弾道ミサイルの発射実験が失敗に終わっており、このときには直後に起きた火災によって移動発射台が燃えたことがわかっている。いずれも人命被害は確認されていないが、兵士らが犠牲になっていたとしても不思議ではない。

そもそも北朝鮮では、このような人災が繰り返し起きている。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

ミサイルの発射実験の場合、それは軍事作戦として行われるので、民間の事故と同様に語るのは的確ではない、との意見もあるかもしれない。しかし、国家の能力不足を国民の生命で埋め合わせているという点において、本質的に同じ問題であると筆者は考える。

(参考記事:金正恩氏が公開「7000人死亡」リゾートの現場写真

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記