韓国の文在寅大統領とドナルド・トランプ米大統領は7日、青瓦台(韓国大統領府)で首脳会談を行った。会談では、主に北朝鮮の核問題が話し合われ、両首脳は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が必要との認識で一致した。その一方、文氏は従来の対北対話路線を封印。韓国の軍事力強化に向け、米国にいっそうの支援を求めていく姿勢を鮮明にした。

両首脳は会談で、韓国軍のミサイル弾頭重量を制限しているミサイル指針を改定することで合意した。1979年に作られた同指針(2012年改定)により、韓国が開発するミサイルは、射程距離800キロメートル、弾頭重量500キログラムまでに制限されている。今回の改定により、韓国は射程距離800キロメートルまでならば、弾頭重量に制限を受けずミサイルを開発できるようになった。

ミサイルは弾頭重量が大きいほど威力が増し、先端技術によるピンポイント攻撃能力の向上と相まって、北朝鮮の重要目標をより確実に破壊できるようになる。