人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本が陸上「自衛隊」の西部方面隊の管轄地域を「国防の要衝」とけん伝して地方での初のサイバー部隊を同地域に設けようとすることも、遠い海域にまで出動して2カ月余り海上訓練を行っていることも全てこの戦略実現の一環である。

このような意味で、日本の2018年防衛白書が「中国脅威」論をより強く提起したのもやはり、袖手傍観できないことである。

日本のこのような動きに関連して中国外交部は、近年、日本が軍事安全政策の大幅な調節と安全脅威の誇張で周辺諸国と国際社会の警戒心を触発させているとし、日本が平和的発展の道を堅持し、軍事安全領域で慎重に行動することを強く求めた。

日本の主要メディアも、自国の軍事的措置が中国を念頭に置いたものであると評している。

問題の深刻さは、日本の対中国行為が中日両国の関係問題にのみ限られるものではなく、地域情勢全般に重大な否定的影響を及ぼすということにある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本の軍事行動によって中日摩擦が深化している地域および海域には、アジアのほとんど全ての国が位置しているので当該諸国はもちろん、地域全般が直接的影響を受けるようになる。

    関連記事