北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、中国に対する日本の軍事的な動きが「地域諸国の懸念をかき立てている」とする論評を配信した。

(参考記事:金正恩氏が習近平氏の前で大人しくなった…「必死のメモ」と強ばった笑顔

論評は、「中国の隣接海域で拡大、強化されている日本の軍事行動は、野心的な対中国戦略によるもの」であり、「昨年、日本が米国との共同外交戦略に確定したインド太平洋戦略は事実上、中国に対する地政学的『包囲網』を形成するためのもの」であると指摘。

続けて「問題の深刻さは、日本の対中国行為が中日両国の関係問題にのみ限られるものではなく、地域情勢全般に重大な否定的影響を及ぼすことにある」と主張した。

さらに論評は、「中国が去る4月、南シナ海で史上初めてとなる大規模の海上閲兵式を断行したのをはじめ、日本に対する軍事的対応措置を強化しているのは当然である」として、中国を強く擁護した。