同通信の報道全文は次のとおり。

朱奎昌氏が死去

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会委員候補で朝鮮最高人民会議代議員、アカデミー会員、教授、博士である党中央委員会顧問の朱奎昌氏が、全血球減少症によってチュチェ107(2018)年9月3日20時30分、89歳を一期に惜しくも死去した。

3日、朝鮮労働党中央委員会、朝鮮最高人民会議常任委員会の共同名義による訃音が発表された。

訃音は、朱奎昌氏は金日成主席と金正日総書記の忠実な革命戦士、最高指導者金正恩党委員長の親しい革命戦友であり、国の防衛力強化に特出した貢献をした老革命家であるとし、同氏はたとえ死去したが、党と革命、祖国と人民に立てた同氏の功績は末永く残っているだろうと強調した。---

    関連記事