北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は29日、「日本は過去の歴史に責任を負うべき」だとする日本研究所研究員の寄稿文を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。日本研究所は、北朝鮮外務省傘下のシンクタンク。

(参考記事:「日本は懐の刃物から捨てよ」北朝鮮が非難

寄稿文は、「軍国主義は、過去に日本を敗北の奈落へと導いたばかりでなく、こんにちも日本の未来を破滅へ追い込んでいる」と指摘。

そこから逃れる道は「たったひとつしかない」としながら、「犯罪の歴史に対して責任を負い、真の平和の道に進むことだけが日本の政治家が国と国民のためにできる唯一で正しい道」であると述べた。