北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、4月の南北首脳会談で発表された「板門店(パンムンジョム)宣言」履行のため、20日から行われていた南北離散家族の再会行事が26日に終了したことを伝えた。

朝鮮戦争などで韓国と北朝鮮に生き別れになった離散家族の再会行事は、北朝鮮の景勝地・金剛山(クムガンサン)で開催され、3日ずつ2回に分けて進められた。

同通信は24日から行われた第2次面会のもようについて、「北と南の面会者は、民族分裂の長い歳月、会いたかった肉親に会った喜びと激情の中で過ぎ去った日々を感慨深く顧みた」と短く伝えた。