北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は15日、ラオスのブンニャン・ウォーラチット国家主席の誕生日に際し、祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で、「先代領袖たちの深い関心の中で発展してきたわが両党、両国人民間の伝統的な友好・協力関係が新しい時代、新しい情勢の要求に即してさらに拡大、発展すると確信する」と述べた。

同通信が伝えた祝電全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がラオス国家主席に祝電

【平壌8月15日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長が15日、ラオスのブンニャン・ウォラチット国家主席に祝電を送った。

祝電は、次の通り。

私は、あなたの誕生日81周年に際して最も熱烈な祝賀と温かい同志的挨拶を贈る。

私は、あなたを首班とするラオス人民革命党(LPRP)の正しい指導の下で、兄弟のラオス政府と人民が第10回党大会の決定を貫徹するための闘いで大きな成果を収めていることについて嬉しく思う。

私は、先代領袖たちの深い関心の中で発展してきたわが両党、両国人民間の伝統的な友好・協力関係が新しい時代、新しい情勢の要求に即してさらに拡大、発展すると確信するとともに、あなたが健康で幸せであることと責任ある活動でさらなる成果を収めることを心から願う。---

    関連記事