北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は7日、「過去の日本軍国主義者の野望が現実になっている」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は「日本で軍国主義は亡霊として徘徊(はいかい)するのではなく、実体として存在している。軍国主義が政治、経済、軍事、文化をはじめ、社会生活の全ての分野で制度化されており、その思想は数多くの日本人を中毒にしている。憲法の改悪は軍国主義国家をつくり上げるための最後の工程だ」などと主張。

さらに「憲法さえ改悪すれば、日本軍国主義は再侵略の道へ差し障りなく疾走できるようになる。『文民』の仮面をかぶった安倍一味をはじめとする日本の反動保守勢力が願うのは、過去にアジア大陸を占領して強大さを誇っていた『大日本帝国』の再生である」と決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 復活した日本軍国主義の危険性を暴露

【平壌8月7日発朝鮮中央通信】7日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、こんにち、日本が経済、文化、科学技術の急速な発展について言い触らしているが、その中で世界は過去と別に変わっていない軍国主義がばっこしていた過去の日本とあまりにも似ている姿を見ていると資料を挙げて暴露した。

同紙は、過去の日本軍国主義者の野望が恨みを抱いている現代版軍国主義者によって現実になっているとし、次のように指摘した。

日本で軍国主義は亡霊として徘徊(はいかい)するのではなく、実体として存在している。軍国主義が政治、経済、軍事、文化をはじめ、社会生活の全ての分野で制度化されており、その思想は数多くの日本人を中毒させている。憲法の改悪は軍国主義国家をつくり上げるための最後の工程だと言える。

憲法さえ改悪すれば、日本軍国主義は再侵略の道へ差し障りなく疾走できるようになる。「文民」の仮面をかぶった安倍一味をはじめとする日本の反動保守勢力が願うのは、過去にアジア大陸を占領して強大さを誇っていた「大日本帝国」の再生である。

日本軍国主義は、アジア太平洋地域の平和と安全を脅かす侵略勢力に成長した。世界はアジア太平洋地域におびただしい災難をもたらす日本軍国主義の危険性に最大に警戒心を高めるべきであろう。---

    関連記事