人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これが、朝米両国首脳たちが遂げた合意精神の根本核である。

懸念が高まるのは、米国内で首脳部の意図とは違って古いものへ逆戻りしようとする試みがしつこく表出していることである。

朝米共同声明が米国の国内政治のいけにえになって首脳たちの意図と異なる逆風が生じるのを許してはならない。

われわれはすでに、米国が建設的な方案を持ち出してくるならそれ相応に何かをしてやる考えもしていたが、米国がわれわれの懸念をなくす確固たる用意を行動で見せない限り、われわれだけが一方的に、先に動くことは絶対にないであろう。

朝鮮のことわざに「のろのろ歩いても雄牛の歩み(牛の歩みも千里)」という言葉があるが、朝鮮半島の非核化を実現するためには一つ一つの段階的な同時行動を通じて信頼を着実に醸成するのが最も早くて確実な近道である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮民主主義人民共和国は去る4月、経済建設に総力を集中することに関する新たな戦略的路線を選択した。

    関連記事