北朝鮮外務省の傘下にある日本研究所のラ・ミョンソン研究員は労働新聞3日付に掲載された投稿記事で、朝鮮半島を中心に北東アジアに平和の気流が漂っているのに、日本はそれに背を向けていると非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

ラ氏は、日本が「朝鮮からの『差し迫った脅威』という名目の下」で、防衛費の増額やオーストラリアなどとの「多国籍訓練」を繰り広げていると指摘。「これは朝鮮の平和愛好意志と主動的な努力によってもたらされた平和気流に逆行する、日本軍国主義者の危険極まりない挑発行為である」と非難した。

ラ氏はまた、「日本の反動支配層は、朝鮮半島に対決の局面を引き続き醸成し、軍国主義馬車が滞りなく疾走することのできる道を開いてみようと必死になってあがいている」と決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

日本研究所研究員が平和気流に逆行する日本軍国主義者の挑発行為を糾弾

【平壌8月3日発朝鮮中央通信】日本研究所研究員のラ・ミョンソン氏は3日付の「労働新聞」に掲載した文で、朝鮮半島を軸にして北東アジア地域に平和と安定、和解の気流が漂っている時に日本がそれに背ちするように振る舞っていることについて暴露した。

文によると、日本防衛省は2019会計年度軍事費予算を史上最大規模に増やすことを計画し、本格的な作成の段階に入った。

また、オーストラリアをはじめ国々を引き入れて大量殺りく兵器拡散防止構想に基づく海上での多国籍訓練なるものを繰り広げた。

これらの全ては、朝鮮からの「差し迫った脅威」という名目の下で公然と強行されている。

文は、これは朝鮮の平和愛好意志と主動的な努力によってもたらされた平和気流に逆行する日本軍国主義者の危険極まりない挑発行為であると糾弾した。

また、軍事大国化と海外膨張野望を実現して先祖らが成し遂げられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢をなんとしてもかなえようとする愚かな術策にすぎないとし、次のように強調した。

世界は、朝鮮半島で技術的な戦争状態が終息し、恒久平和と安定が宿ることを心から願っている。

和解と関係改善の雰囲気がさらに拡大することを期待している。

しかし、日本の反動支配層はそれに正面切って挑戦している。

日本の反動支配層は、朝鮮半島に対決の局面を引き続き醸成して軍国主義馬車が滞りなく疾走することのできる道を開いてみようと必死になってあがいている。

日本の軍事費は増え続けている。

特に、毒々しい軍国主義者である安倍が権力を握った時から軍事費は毎年、その前年の記録を更新している。

日本「自衛隊」の軍事作戦範囲は太平洋はもちろん、インド洋にまで拡大されている。

現行憲法だけが、障害物に残っている。

安倍執権勢力はこれまでも改悪して自国を戦争を行える国家につくろうと狂奔している。

日本軍国主義者は、不純な再侵略野望を実現する目的の下で朝鮮半島に醸成された和解と協力の雰囲気に水を差そうと無分別に狂奔すれば自分らの運命を滅ぼしかねないということをよく知るべきである。---

    関連記事