北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、金正恩党委員長がトロリーバスと路面電車の工場などを視察し、新型車種に試乗したと伝えた。視察の日時は明らかにされていない。

金正恩氏はまず、平壌トロリーバス工場で新型車種の生産状況を視察。「トロリーバスを遜色なく本当に立派に作った、半年前に比べてトロリーバスの質が著しく改善された、2段階現代化をまだ始めていないのに車体外部の屈曲面の加工精密度と側面の平坦度、継ぎ目のすき間処理の水準が高まり塗装も立派だ、(中略)これら全てのものがわれわれの各工場で生産したものだからより嬉しくて本当にありがたい」と述べて満足を表した。

また、「自身が積極的に後押ししてやるから大胆に、スケールが大きく目標を立てて2段階現代化作業を威勢よく展開しろ」と指示した。

金正恩氏は続いてバス修理工場である松山(ソンサン)路面電車事業所を訪れ、ここで製作された新型の路面電車を視察。機械および電気部品と内装品を大部分国産化したという報告を満足げに聞き、「首都旅客運輸局と平壌トロリーバス工場、バス修理工場で人民のために本当に甲斐ある大きな事をやり遂げた」と現場らの努力をねぎらった。

同じ日の夜、新型のトロリーバスと路面電車に試乗した金正恩氏は「この前に乗ってみた時よりも内部の環境と内装品の質と文化性が高まり、電車運行の際の騒音と振動も少なくなった」と評価。「わが人民が古びた大衆交通手段に不便を感じる一方で、通りにタクシーがますます増えるのを見るたびに心が重かったが、今や展望が明るくなった、本当に満足だ」と喜びを隠さなかったという。

視察には崔龍海(チェ・リョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、金秀吉(キム・スギル)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が新型トロリーバスと路面電車を見る

【平壌8月4日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である最高指導者金正恩同志が、平壌トロリーバス工場とバス修理工場で製作した新型トロリーバスと路面電車を見た。

最高指導者はまず、平壌トロリーバス工場を訪れて新型トロリーバスの生産状況を調べた。

最高指導者は、トロリーバス組立職場を訪れて工場で作った新型トロリーバスを見た。

新型トロリーバスを視察する金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)
新型トロリーバスを視察する金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)

トロリーバスを遜色なく本当に立派に作った、半年前に比べてトロリーバスの質が著しく改善された、2段階現代化をまだ始めていないのに車体外部の屈曲面の加工精密度と側面の平坦度、継ぎ目のすき間処理の水準が高まり塗装も立派だ、全ての内装品の質と文化性が顕著に改善され、床のラバーパッドとガラスのゴム枠などのゴム製品と樹脂装飾ベニヤ板の質もよくなったが、これら全てのものがわれわれの各工場で生産したものだからより嬉しくて本当にありがたい、非常に満足で百点万点だと高く評価した。

この前、工場を見て回りながらも評価したが、この工場は生産文化、生活文化が高い水準に達した全国のモデル工場だ、わが国の複数の運輸機械工場の中で一番清潔で整頓された工場だとたたえて、同工場の活動家と従業員が働き場をこぎれいに整えて設備の管理を几帳面にし、生産と経営活動を立派に行っていることに対してとても満足した。

現地で2段階現代化方案を調べて、提起される問題と解決方途に対する具体的な教えを与えた。

工場の2段階現代化と生産成長において提起される問題を一つ一つ明らかにした。

最高指導者は、自身が積極的に後押ししてやるから大胆に、スケールが大きく目標を立てて2段階現代化作業を威勢よく展開しろと述べ、平壌トロリーバス工場をわが国の運輸機械工場を代表する工場に、国の旅客運輸問題、大衆交通運輸問題を解決することに積極的に寄与する中枢工場に転変させることに関する戦闘的課題を提示した。

最高指導者は続けて、松山路面電車事業所を訪れてバス修理工場の活動家と研究者、技術者、技能工が新しく作った路面電車を見た。

新型の路面電車に製作と運営コストが少なくかかる交流電動機を設置し、電動機制御変換機と制御プログラムを研究、導入して電車の起動と速度、ブレーキの特性を改善して乗客の便宜を図るように製作し、車輪とガラス、バックミラー、床のラバーパッド、樹脂装飾ベニヤ板、椅子など、機械および電気部品と内装品を大部分国産化したという活動家らの報告を満足げに聞いた。

新型路面電車を視察する金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)
新型路面電車を視察する金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)

首都旅客運輸局と平壌トロリーバス工場、バス修理工場で人民のために本当に甲斐ある大きな事をやり遂げたと高くたたえた。

トロリーバス、路面電車生産の国産化を実現すべきだという朝鮮労働党の方針を体して献身的に闘った首都旅客運輸局、平壌トロリーバス工場、バス修理工場とトロリーバスのタイヤ、ガラスと各種の部品、内部仕上げ資材を責任をもって保障した関連単位の苦労も察してトロリーバス、路面電車の生産に寄与した全ての労働者と科学者、技術者に感謝を贈った。

最高指導者は同日の夜、新型の路面電車とトロリーバスの試運転を自ら指導した。

最高指導者は、この前に乗ってみた時よりも内部の環境と内装品の質と文化性が高まり、電車運行の際の騒音と振動も少なくなった、全ての技術的特性指標が正常だと述べ、これからわれわれが作った路面電車とトロリーバスが各通りを縫うように走り出すと素晴らしいだろう、人民が本当に喜ぶだろうと語った。

新型トロリーバスに試乗した金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)
新型トロリーバスに試乗した金正恩氏(2018年8月4日付朝鮮中央通信)

人民が願うなら空の星でも摘んで与えるというのがまさにわが党であると述べ、首都の旅客輸送問題解決のために大いなる心血を注ぎ、労苦をいとわなかった金日成主席と金正日総書記の高い志をろくに貫徹することができず、わが人民が古びた大衆交通手段を利用して不便を感じるようにし、通りにタクシーがますます増えるのを見るたびにつねに気にかかったが今や展望が明るくなった、本当に満足だと、嬉しい気持ちを隠さなかった。

最高指導者は、平壌トロリーバス工場とバス修理工場の活動家と労働者たちが党が提示した新しい闘争目標を実現するための闘いで自分らに課された本分を全うするとの期待と確信を表明した。

崔龍海、呉秀容、金秀吉、黄炳瑞、趙甬元の各氏が同行した。---

    関連記事