人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 「脅威」うんぬんで日本反動層の腹黒い下心を暴露、糾弾

【平壌8月1日発朝鮮中央通信】日本の反動層がこの前作成した2018年防衛白書に、史上初めて行われたシンガポール朝米首脳会談以後も、朝鮮による「脅威」に対する基本認識には変わりがないと明記した一方、朝鮮に対して前例なく重大で差し迫った「脅威」であるとまたもや言い掛かりをつけた。

1日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは荒唐無稽(こうとうむけい)な詭弁であり、変わらない対朝鮮敵視政策の集中的発露であると糾弾した。

同紙は、日本の反動層が機会があるたびに誰それによる「脅威」をうんぬんし、軍事大国化に拍車をかけてきたことについて資料を挙げて暴露し、次のように強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事