北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7月31日、日本政府が2018年版「防衛白書」原案で北朝鮮の脅威に「認識の変化はない」としたことに対し、「朝鮮半島と地域に平和の新時代が到来している今になってまで、雰囲気を曇らせて古びた『脅威』うんぬんをけん伝するのは実に笑止千万」と非難する論評を配信した。

論評は、「安倍政権は極右的な政策と不正腐敗、自然災害対策不十分などによって深刻な統治危機を経ており、対外的にも複数の経済実体との貿易摩擦と外交的疎外論難などに巻き込まれている」と指摘。

続けて「このような要因によって安倍政権が狙う軍国主義野望の実現は深刻な阻害を受けており、それからの活路を『北朝鮮脅威』論から見出そうとしている」と決めつけた。

論評の全文は次のとおり。

日本の政治的需要の所産―「北朝鮮脅威」論 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月31日発朝鮮中央通信】朝鮮半島を巡る平和の薫風の中で、何かによる「脅威」を感じるということは実におかしいことである。

この前、判明したところによると、日本は2018年「防衛白書」なるものでわれわれに対して前例なく重大で差し迫った威嚇にまたもや言い掛かりをつけた。

「北朝鮮脅威」論は日本が国是に掲げ、長期間にわたって変わることなく実施してきた対朝鮮敵視政策の発露として、別に新しいものではない。

しかし、朝鮮半島と地域に平和の新時代が到来している今になってまで、雰囲気を曇らせて古びた「脅威」うんぬんをけん伝するのは実に、笑止千万である。

これは決して、大勢に対する無知や被害妄想証にのみ見ることではない。

去る5月にも、日本は「海洋基本計画」を改正して中国と共にわれわれを「脅威」に明記し、続いて公開した2018年版外交青書にもわれわれを「日本と国際社会の平和と安定に対する前例なく重大で差し迫った脅威」と記した。

変化した情勢の流れはものともせず、誰それによる「脅威」を執ように浮き彫りにさせる日本の行為は、外部からの「脅威」を切実に必要としているということを如実に示している。

今、安倍政権は極右的な政策と不正腐敗、自然災害対策不十分などによって深刻な統治危機を経ており、対外的にも複数の経済実体との貿易摩擦と外交的疎外論難などに巻き込まれている。

このような要因によって安倍政権が狙う軍国主義野望の実現は深刻な阻害を受けており、それからの活路を「北朝鮮脅威」論から見出そうとしている。

かつて、朝鮮半島の情勢悪化で利益をどっさりむさぼった日本が、緊張緩和と平和へ向きを変えた現情勢の下でも、その質の悪い癖を捨てられずにいるのである。

しかし、大勢は決して日本の政治的需要についていくものではない。

時代遅れの対朝鮮敵視政策を固執し、「脅威」を引き続きうんぬんするほど、自分らの野望のためなら地域情勢を害してまでありもしない「脅威」を作り出す日本反動層の卑劣な下心を国際社会に刻印させるだけである。

日本は、無駄な繰り言で国際社会に不協和音を出すのではなく、大勢に合流できる方途について熟考する方がよい。---

    関連記事