北朝鮮の金正恩党委員長は朝鮮戦争の休戦から65年に際し、平安南道(ピョンアンナムド)の檜倉(フェチャン)郡にある中国人民志願軍烈士陵園を訪れて献花した。27日、朝鮮中央通信が伝えた。訪問の日時は明らかにされていない。

同陵園には、毛沢東元中国国家主席の長男・毛岸英氏をはじめ、朝鮮戦争で戦死した中国人将兵らが安置されている。

李洙墉(リ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)、李容浩(リ・ヨンホ)、努光鉄(野・グァンチョル)の各氏が同行した。

一行は中国人民志願軍烈士塔と毛岸英氏の墓に、金正恩委員長の名義による花輪と朝鮮労働党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会の共同名義による花輪を献じて黙とう。

金正恩氏は「この地の山河草木には中国同志たちの赤い血がしみ込んでおり、広大な中国の大地には朝鮮革命家の魂が眠っていると述べ、朝中関係は決して地理的に近くてだけでなく、このように互いに血と生命をささげて結ばれた戦闘的友誼と真実な信頼で固く結合されているので前例のない特殊かつ強固な友好関係に発展していると語った」という。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が中国人民志願軍烈士陵園に花輪

【平壌7月27日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が偉大な祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利65周年に際して、平安南道檜倉郡にある中国人民志願軍烈士陵園を訪れて花輪を献じた。

李洙墉、金英哲、李容浩、努光鉄の各氏が献花行事に参列した。

金正恩委員長の名義による花輪と朝鮮労働党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会の共同名義による花輪が、中国人民志願軍烈士塔に献じられた。

最高指導者は、中国人民志願軍烈士を追慕して黙とうした。

続いて、毛岸英氏の墓に金正恩委員長の名義による花輪と朝鮮労働党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会の共同名義による花輪が献じられた。

最高指導者は、毛岸英氏を追慕して黙とうした。

最高指導者は、中国人民志願軍烈士の墓を見て回った。

最高指導者は、過去の祖国解放戦争の時期、中国の党と政府と人民は建国初期の多くの困難を冒して自分のたくましい息子、娘を朝鮮戦線にためらわずに派遣してわが人民の正義の偉業を血潮でもって援助し、戦争の勝利に不滅の貢献をしたと感慨深く述べた。

また、この地の山河草木には中国同志たちの赤い血がしみ込んでおり、広大な中国の大地には朝鮮革命家の魂が眠っていると述べ、朝中関係は決して地理的に近くてだけでなく、このように互いに血と生命をささげて結ばれた戦闘的友誼と真実な信頼で固く結合されているので前例のない特殊かつ強固な友好関係に発展していると語った。

そして、われわれが生死存亡の重大な状況に瀕した時、生命を賭して正当な偉業を守り、赤い血潮で平和を成し遂げた中国同志たちの偉勲はわが人民の心の中に末永く残っているだろうと述べ、朝鮮人民は過去も現在も中華人民共和国のような頼もしい兄弟の国、偉大な友を持っていることを誇らしく思っていると語った。

最高指導者は、朝鮮戦線に参戦して無比の勇敢さと犠牲的精神を発揮した中国人民志願軍将兵の偉勲を代を継いで永遠に伝えていくのはわれわれの当然な責任、道徳・信義であり、崇高な使命であると述べ、全国の各所にある志願軍烈士墓を肉親のような温かい情を尽くしてよりよく整え、保存、管理しなければならないと強調した。---

    関連記事