北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、日本が「地域情勢を逆戻りさせようとしている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、河野太郎外相が最近のマレーシア、フランスとの外相会談で、北朝鮮に対する制裁維持や日本人拉致問題解決への協力を求めたことに言及。「統治危機が深化して内外で苦境に瀕するたびに他人に食い下がって自分の利をむさぼるのは、日本反動層の常套的手口である」と主張した。

そのうえで「内外的に水面に浮く油のようになった(孤立した)日本の反動層は、反朝鮮圧迫共助に他国を引き入れる卑劣な策動で地域情勢の流れを逆戻りさせ、軍事大国化野望をなんとしても実現しようとしている」と決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 反朝鮮制裁・圧迫策動に執着する日本反動層の下心を暴露

【平壌7月25日発朝鮮中央通信】最近、日本外相の河野が国々を訪ねて対朝鮮制裁維持と拉致(らち)問題の解決について言いふらした。

彼は、マレーシア外相との会談で対朝鮮制裁を引き続き維持すべきだと言って拉致問題解決のために協力してくれるよう哀願した。

パリで行われたフランス外相との会談でも、経済制裁を維持すべき必要性を列挙した。

25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは良好な朝鮮半島地域情勢の流れをあくまでも遮断して「日本疎外」から脱しようとする日本反動層の幼稚で卑陋(ひろう)な行動であると非難した。

同紙は、安倍一味が反朝鮮制裁・圧迫策動にさらにしつこく執着しているのは朝鮮による「脅威」を口実にして武力増強を進め、再侵略野望を実現しようとする島国一族の下心だと暴き、次のように強調した。

統治危機が深化して内外で苦境に瀕するたびに他人に食い下がって自分の利をむさぼるのは、日本反動層の常套的手口である。

内外的に水面に浮く油のようになった日本の反動層は、反朝鮮圧迫共助に他国を引き入れる卑劣な策動で地域情勢の流れを逆戻りさせ、軍事大国化野望をなんとしても実現しようとしている。

しかし、安倍一味の妄動は国際政治舞台で自分らをよりいっそう孤立させる結果だけをもたらす、それこそ愚行である。

同紙は、日本が今のように憎たらしく振る舞っていれば、自らもっと孤立して排斥される結果しか与えられないとし、安倍一味はこれを銘記して今からでも正しく行動する方がよかろうと警告した。---

    関連記事