北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、休戦中の朝鮮戦争の終戦宣言が「朝米間の信頼構築のための優先的な要素」であるとする論評を配信した。

論評は、早期の終戦宣言に反対する韓国の保守政党を非難する形を取りながら、間接的に、この問題の取り組みが進展しないことについて米韓に対し不満を表面する内容となっている。

論評はまず、「終戦宣言の採択問題について言うなら、それは朝鮮半島で緊張を緩和し、恒久平和体制を構築するための初めの工程であると同時に、朝米間の信頼構築のための優先的な要素である」と指摘。

続けて「(南北首脳会談で発表された)板門店宣言は、朝鮮半島で不正常な現在の停戦状態を終息させ、確固たる平和体制を樹立するのはこれ以上先送りすることのできない歴史的課題であるとし、今年に終戦を宣言して停戦協定を平和協定に転換することに関する問題を重要な合意事項の一つに明示している。
終戦宣言問題を米国も支持したし、朝米首脳会談ですでに合意した問題である」として、この問題を巡る韓国と米国の立場を想起させた。

そのうえで、「板門店首脳会談と朝米首脳会談の精神に鑑みると、すでに実を結ぶべきであった問題である」として、問題が進展しないことに不満を表明。「世界の前で合意した終戦宣言問題がいろいろな条件と口実によっていまだに解決を見られないのは、非常に残念なことだと」と述べた。

論評の全文は次のとおり。

終戦宣言の採択は平和保障の初めの工程 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月24日発朝鮮中央通信】最近、南朝鮮で終戦宣言の採択を求める声が高まっている。

平和協定運動本部をはじめ各階層の市民社会団体とメディア、情勢専門家は「終戦宣言は韓半島平和の入り口である」「米国が恒久的な平和体制のために責任ある姿を見せるべきだ」と言って、板門店(パンムンジョム)宣言で合意した通り今年に終戦宣言を採択することを主張している。

南朝鮮当局も、年内の終戦宣言の採択が目標であると明らかにしたし、それを各政党が支持している。

しかし、唯一、「自由韓国党」をはじめ保守一味だけは「終戦宣言をするからといってひとりでに平和が訪れるのではない」としてやっきになって反対している。

なんとしても終戦宣言の採択を阻み、北南、朝米の和解の流れを破綻させて朝鮮半島に先鋭な対決と戦争の局面を醸成しようとするあがきのような妄動である。

終戦宣言の採択問題について言うなら、それは朝鮮半島で緊張を緩和し、恒久平和体制を構築するための初めの工程であると同時に、朝米間の信頼構築のための優先的な要素である。

停戦協定が締結された時から65年になるが、朝鮮半島ではいまも停戦状態が続いている。

戦争の一時的中止を意味する停戦が決して戦争の終結にはなりえず、平和を保証できないということは歴史が残した深刻な教訓である。

歴史に類のない長期間の停戦状態が持続しているのは、朝鮮半島と地域、ひいては世界の平和と安全を脅かす時限爆弾がセットされているようなことである。

板門店宣言は、朝鮮半島で不正常な現在の停戦状態を終息させ、確固たる平和体制を樹立するのはこれ以上先送りすることのできない歴史的課題であるとし、今年に終戦を宣言して停戦協定を平和協定に転換することに関する問題を重要な合意事項の一つに明示している。

終戦宣言問題を米国も支持したし、朝米首脳会談ですでに合意した問題である。

朝鮮半島での終戦宣言は、地域と世界の平和の実現に実質的寄与をするもので、朝米双方はもちろん、国際社会のみんなに有益であって害となるものは一つもない。

朝米間の極端な敵対関係に終止符を打ち、新しい関係を樹立する見地から見ても、両国人民の利益と平和と安全のための新しい未来を切り開こうとする見地から見ても、終戦宣言の採択は必ず経なければならない初めの工程である。

これは、板門店首脳会談と朝米首脳会談の精神に鑑みると、すでに実を結ぶべきであった問題である。

世界の前で合意した終戦宣言問題がいろいろな条件と口実によっていまだに解決を見られないのは、非常に残念なことだと言わざるを得ない。

にもかかわらず、支離滅裂になって自分の体を支えることさえ困難な状態にある「自由韓国党」のような連中がこのように重大な問題に対してどうのこうのと言うことこそ、民族の運命と前途はものともせず、自分らの汚らわしい野望だけを追求する対決的醜態にほかならない。

「終戦宣言をするからといってひとりでに平和が訪れるのではない」と意地悪をする保守一味に対する平和志向勢力の立場は明白である。

終戦宣言をしてこそ、平和が始まる。---

    関連記事