北朝鮮国営の朝鮮中央通信は21日、韓国政府に対し、中国の北朝鮮レストランから集団亡命した女性従業員らを即時送還するよう要求する論評を配信した。また同通信によれば、朝鮮労働党機関紙の労働新聞もこの日、同様の論評を掲載。この問題が韓国政府の「北南関係改善の意志を示す試金石」になると伝えた。

亡命事件は、韓国の朴槿恵政権時代の2016年4月に発生した。北朝鮮は当時から一貫して、亡命ではなく韓国の情報機関による「誘引・拉致」であると主張してきた。韓国政府は、彼女らが自由意思により入国したとの主張を崩していないが、最近になり、それを否定する当事者証言が相次いでいる。

朝鮮中央通信は論評で、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会行事が迫っていることに言及。「(韓国政府が)前保守『政権』の反人倫的悪行によって人為的につくられた新しい『離散家族』を放置して、また生き別れになった血肉の切々たるアピールに顔を背けていながら、後ろに回って『離散家族の痛み』をうんぬんするのは話にならない」と主張した。

労働新聞も、「朴槿恵一味によって強制的に誘引、拉致されたわが公民に対する態度問題は、南朝鮮当局の北南関係改善の意志を示す試金石」になると指摘。「わが女性公民の送還問題が早急に解決されなければ、日程にのぼっている北南間の離散家族・親せきの面会はもちろん、北南関係の前途にも障害が来たされかねない」と述べ、韓国の文在寅政権に対する揺さぶりを強めた。

朝鮮中央通信の一連の報道全文は次のとおり。

「人道問題解決」の意志は偽善か 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月21日発朝鮮中央通信】隠すことほど現わるということわざのように、謀略事件の真相は明らかになるものである。

最近、南朝鮮でわが女性公民に対する朴槿恵逆賊一味の強制誘引・拉致事件の内幕がまたもや暴露されて内外の激しい非難が起きている。

10日、国連人権機関の関係者は記者会見で、わが女性従業員に直接会ってみたところ、彼女らはどこへ行くのかも知らずに南朝鮮に来るようになったと言い、当局が徹底した調査に出て事件の関係者を捜し出して処罰し、帰ることを希望する従業員の意思を尊重しなければならないと主張した。

15日には「国家情報院」の懐柔、欺まん、脅迫によって女性従業員をだまして南朝鮮に誘引して連れて行ったという犯罪加担者の自白が公開されて「自由意思による脱北」事件の内幕は白日のもとにさらされた。

これにより、当時、朴槿恵逆賊一味が「国会」議員選挙を数日控えて不利な政治形勢を逆転させる目的の下でつくり上げた反朝鮮謀略ねつ造劇であることが明白な事実として立証された。

政治的野望の実現のために花の年ごろの娘たちの人権を無残に蹂躙(じゅうりん)し、愛する血肉との生き別れを強要した逆賊一味の罪悪は内外の憤怒をかき立てており、彼女らを一日も早く祖国に送還すべきだという要求が浴びせられている。

わが女性公民の送還はこれ以上、先送りできない焦眉の問題である。

しかし、南朝鮮当局はいまだにこの問題の解決に正しい態度を取っていない。

今、北と南は板門店(パンムンジョム)宣言の精神にのっとって関係の改善と平和・繁栄のための諸般の事業を進ちょくさせており、離散家族・親せきの面会も日程にのぼっている。

前保守「政権」の反人倫的悪行によって人為的につくられた新しい「離散家族」を放置して、また生き別れになった血肉の切々たるアピールに顔を背けていながら、後ろに回って「離散家族の痛み」をうんぬんするのは言葉にならない。

人道的見地から見ても、積弊清算の意味から見ても、ひいては北南関係の持続的発展のためにも送還は直ちに実現されなければならない。

人道問題の解決はいかなる交流や協力事業にも比べられない差し迫って切実な問題である。

メンツを維持し、恩着せがましく選んで行うのが板門店宣言の履行ではない。

数年間、父母と娘を強制的に生き別れさせたのに、「人道問題の解決」だの、「南北関係の発展」だのと言う南朝鮮当局の表裏ある行為に幻滅を禁じ得ない。

南朝鮮当局は、遅まきながら朴槿恵逆賊一味が働いた反人倫的犯罪について是認し、強制的に抑留しているわが公民を朝鮮に即時、送還すべきである。

それに対する態度問題は、南朝鮮当局の北南関係改善の意志について察しがつくようにするであろう。

偽善は、絶対に通じない。---

「労働新聞」 朝鮮女性従業員を強制的に誘引、拉致した朴槿恵逆賊一味の犯罪の真相を暴露

【平壌7月21日発朝鮮中央通信】最近、南朝鮮で朴槿恵一味が情報員を推し立ててわが女性従業員を集団的に強制誘引、拉致(らち)した特大型犯罪の内幕が再び暴露された。数日前、国連人権機関の関係者は記者会見で、わが女性従業員に直接会ってみたところ、彼女らはどこへ行くのかも知らずに南朝鮮に来るようになったと言い、もし、彼女らが拉致されたのが事実なら犯罪と見なされるべきだと述べた。

一方、南朝鮮の保守一味の誘引、拉致犯罪に直接加担した当時の食堂支配人もあるメディアとの通話で、情報員が女性従業員を連れて来いと懐柔もし、自分らと協力した事実を暴くと脅迫もしたと言った。

21日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは朴槿恵逆賊一味が「国会」議員選挙を控えて不利な政治形勢を逆転させる不純な目的の下でつくり上げた謀略劇だと暴いた。

同紙は、問題は謀略事件の内幕が余地もなく暴かれたこんにちまで頑としてそれを否定しながら過去の保守「政権」の罪悪を庇護(ひご)する現南朝鮮当局者らの鉄面皮な行為だとし、次のように強調した。

朴槿恵一味によって強制的に誘引、拉致されたわが公民に対する態度問題は、南朝鮮当局の北南関係改善の意志を示す試金石同様である。

わが女性公民の送還問題が早急に解決されなければ日程にのぼっている北南間の離散家族・親せきの面会はもちろん、北南関係の前途にも障害が来たされかねない。

南朝鮮当局は、朴槿恵保守「政権」が働いた反人倫的犯罪行為について遅まきながら是認して事件の真相について厳格に調査し、関連者を厳罰に処しなければならない。そして、キム・リョンヒさんをはじめ強制抑留中のわが女性公民を朝鮮に即時送還することによって板門店(パンムンジョム)宣言の履行に対する積極的な意志を示さなければならない。

われわれは今後、南朝鮮当局の態度を注視するであろう。---

    関連記事