北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、日本の河野太郎外相を非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本に無慈悲な報復」金正恩氏、お土産没収に激怒

論評は、河野氏が北朝鮮の非核化を巡り、国際原子力機関(IAEA)が行う査察の費用の一部を日本政府が負担する用意があると発言したことに言及。「自分のやるべきことも知らずに無分別に振る舞う政治奸商の笑止千万な醜態」だと非難した。

論評はまた、過去の歴史問題に言及しながら、「朝日関係を敵対関係にした責任は、全的に日本にある」と指摘。「日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である」と強調した。