北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2014年7月2日、金正恩第1書記(当時)が「朝鮮人民軍海軍指揮メンバーの水泳能力判定訓練を指導した」と伝えた。

訓練には東海艦隊と西海艦隊の全指揮官が参加。海上で往復10キロの遠泳を行った。記事とともに配信された写真を見ると、指揮官らは全員が中高年のようだ。金正恩氏の前に、水泳着姿の指揮官らが整列した様子は、まるで中高年の部下に対する「シゴキ」のように見える。

(参考記事:【写真】海軍指揮官らの水泳能力判定訓練を指導する金正恩氏

同通信によれば、金正恩氏は訓練に際し、「軍隊が戦いで勝つには指揮官からつわものになるべきだ」「思想・精神状態がいくら良くて軍事技術的資質が高いとしても、肉体的能力が伴わなければ指揮官の資格がない」「指揮官らがしっかりと準備されてこそ『突撃 進め!』ではなく、『わたしに続け!』のスローガンを叫びながら、いつも軍人たちの先頭に立って訓練を度合い強く行うことができる」などと述べたという。

この当時、政権の座に就いてまだ2年半で、核兵器や弾道ミサイル開発成功などの実績を挙げる前だった金正恩氏は、彼なりのやり方で、軍に対する掌握を強めようとしたと見られる。

(参考記事:【写真】海軍指揮官らの水泳能力判定訓練を指導する金正恩氏

同通信が配信した記事全文と写真は次のとおり。

    関連記事