北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は5日、日本にある朝鮮学校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で没収された問題を巡り、「人道主義と国際法を乱暴に蹂躙した許せない野蛮行為、反人倫的悪行である」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

この問題は、神戸朝鮮高級学校の生徒62人が6月28日夜、北朝鮮訪問を終えて関西空港に到着した際、約半数の生徒が、北朝鮮の国旗などが描かれた化粧品や薬などの土産品を、税関により「経済制裁により禁止された輸入品」とみなされ、押収されたというもの。

論評はこれについて「朝鮮人というたったひとつの理由で在日同胞とその子女に加えている日本反動層の悪らつな政治的迫害と差別、弾圧行為」であると主張。

続けて「総聯と在日同胞に対する日本反動層の卑劣な政治的テロとしつこい迫害策動は、千年来の敵である日本に対するわが人民の憎悪の念と無慈悲な報復の意志だけをさらに固めさせている」と威嚇した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 在日朝鮮生徒らに対する日本反動層の反人倫的悪行を糾弾

【平壌7月5日発朝鮮中央通信】去る6月28日、日本の税関当局は祖国を訪問して帰ってきた総聯(朝鮮総聯)神戸朝鮮高級学校生徒らの荷物を隅々まで探ったあげく、祖国の家族、親戚が送る記念品はもちろん、「朝鮮」という文字と共和国旗が刻まれた運動服と生活用品まで押収する暴挙を働いた。

5日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは朝鮮半島と世界平和の滔々(とうとう)たる流れから押し出されて独りぼっちの境遇になって腹が煮え繰り返った連中のヒステリックな発作症状の発露として、同胞の人権はもちろん、人道主義と国際法を乱暴に蹂躙(じゅうりん)した許せない野蛮行為、反人倫的悪行であると糾弾した。

同紙は、朝鮮人というたった一つの理由で在日同胞とその子女に加えている日本反動層の悪らつな政治的迫害と差別、弾圧行為は全朝鮮民族はもちろん、国際社会の呪いと糾弾を免れないとし、次のように強調した。

不純な目的を追求し、総聯に対する敵対感を鼓吹し、国家権力による政治テロ行為を公然と働く者は無慈悲な懲罰を免れないであろう。

日を追ってさらに悪らつになる総聯と在日同胞に対する日本反動層の卑劣な政治的テロとしつこい迫害策動は、千年来の敵である日本に対するわが人民の憎悪の念と無慈悲な報復の意志だけをさらに固めさせている。

今回、在日同胞子女に歯ぎしりする迫害を加えた日本反動層のファッショ的暴挙と反人倫的行為をわれわれは絶対に許さない。---

    関連記事