北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7月1日、金正恩党委員長が李雪主(リ・ソルチュ)夫人とともに、中国との国境都市である新義州(シニジュ)の新義州化粧品工場を視察したと伝えた。

現地指導の日時は明かされていないが、同通信は前日、金正恩氏が中国との国境に面した薪島郡(シンドグン)を視察したと伝えている。今年の3回にわたる金正恩氏の訪中で中朝関係は緊密化しており、2日連続で中朝国境地帯での現地指導が伝えられたのは、中国との経済協力強化を視野に置いたものである可能性がある。

同通信によれば、金正恩氏は工場で「すでに収めた成果に満足せず、より高い目標を目指して引き続き飛躍すべきだ、『ポムヒャンギ(春の薫り)』化粧品に対する人民の好評が大したもので需要が高いからといって絶対に自画自賛せず、『ウンハス(銀河水)』化粧品をはじめわが国の化粧品と世界的に有名な化粧品を対比的に分析してみて工場の製品の質を新しく更新し、需要者の好みと年齢、体質別特性に合わせて品種を増やしていくための研究を絶えず深化させるべき」だと述べた。

さらに、平壌市内に「ポムヒャンギ」ブランドの化粧品を販売する専門ショップを開設するよう指示した。同ブランドの化粧品は、国内の消費者から良好な評価を得ているとされる。

(参考記事:市場とタッグを組んで儲ける北朝鮮の国営化粧品工場

現地指導には、朝鮮労働党中央委員会の幹部である安正秀(アン・ジョンス)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、韓光相(ハン・グァンサン)、金成男(キム・ソンナム)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、呉日晶(オ・イルチョン)、ファン・ヨンチョルの各氏が同行した。