北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、日本人拉致問題は「完全に解決された」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍晋三首相が最近、日朝首脳会談の実現を目指す方針を打ち出したことについて「対話のための対話は無意味だ、北朝鮮との対話自体が不正常だ、と気炎を吐いていた者らが突変して朝日首脳会談の開催に熱を上げていることに対して世人は唖然としている」と指摘。

続けて「『拉致者問題』はすでに2002年当時、日本首相の平壌訪問と歴史的な朝日平壌宣言の発表を契機に完全に解決された問題である」と主張した。

さらに、日本政府が拉致問題を強調するのは「過去に希世の大罪を犯した加害者から『被害者』に変身して朝鮮の尊厳ある対外的イメージをダウンさせ、朝鮮民族に働いた罪悪をうやむやにして覆い隠し、過去清算を回避しようとする」ためだと強弁。

「朝日間の根本問題が解決されずには、百年が経っても関係改善などはあり得ない」として、過去清算が先行すべきことを強調した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝日間の根本問題が解決されずには関係改善などあり得ない

【平壌6月29日発朝鮮中央通信】最近、日本首相の安倍は毎日のように、次は私の番だ、北朝鮮と直接向き合い主要懸案を解決する、拉致問題に対する北朝鮮の大きな決断を期待する、などと言っている。

29日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、最近だけでも、対話のための対話は無意味だ、北朝鮮との対話自体が不正常だ、と気炎を吐いていた者らが突変して朝日首脳会談の開催に熱を上げていることに対して世人は唖然としていると指摘した。

同紙は、「拉致者問題」はすでに2002年当時、日本首相の平壌訪問と歴史的な朝日平壌宣言の発表を契機に完全に解決された問題であると明らかにした。

また、日本当局者らが折に触れ、うんぬんする「拉致者問題」と言えば、かえってわれわれが日本に対して大きく叱るべき事案であるとし、次のように強調した。

日本の国家拉致テロ犯罪の最大の被害者がまさに、朝鮮民族であるからだ。

日本が誰それの「拉致者問題」についてけん伝する底意は、他にあるのではない。

過去に希世の大罪を犯した加害者から「被害者」に変身して朝鮮の尊厳ある対外的イメージをダウンさせ、朝鮮民族に働いた罪悪をうやむやにして覆い隠し、過去清算を回避しようとすることである。

日本当局は、はっきり認識すべきである。

朝日間の根本問題が解決されずには、百年が経っても関係改善などはあり得ない。

島国の日本が平壌の敷居をぜひまたぎたいなら、歴史に対して誠実で責任ある姿勢を取るべきであり、時代錯誤の対朝鮮敵視政策と大胆に決別すべきである。---

    関連記事