北朝鮮と韓国は26日、板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で南北の鉄道連結などに関する分科会談を開き、共同報道文を採択した。朝鮮中央通信が伝えた。南北が鉄道・道路に関する協議を行ったのは2008年以来約10年ぶり。

同通信は共同報道文の内容に言及していないが、韓国側の発表によれば、南北を結ぶ東海線・京義線鉄道の近代化に向けた共同研究調査団の発足と、開城(ケソン)と新義州(シニジュ)を結ぶ京義線の北朝鮮側区間についての共同現地調査を7月24日から始めることなどが盛り込まれた。

また、京義線の北朝鮮側区間に続いて、金剛山(クムガンサン)から豆満江(トゥマンガン)に至る東海線の北朝鮮側区間についての共同調査も実施する。また、7月中旬に京義線の南北連結区間(ムン山―開城)と東海線の南北連結区間(猪津【チェジン】―金剛山)の共同点検を行い、その結果を基に工事や信号・通信設備の開設などを進める。

共同報道文で南北は「鉄道協力は民族経済の均衡発展と共同繁栄を成し遂げる上で重要な意義を持つ」と強調した。

同通信の報道全文は次のとおり。

北南鉄道協力分科会談

【平壌6月27日発朝鮮中央通信】歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言を履行するための北南高位級会談の合意に従って北南鉄道協力分科会談が26日、板門店南側地域の「平和の家」で行われた。

会談には、鉄道省の金潤赫次官を団長とするわが方(北側)の代表団と国土交通部の金正烈次官を首席代表とする南側代表団が参加した。

会談で双方は東・西海線の鉄道をつなぎ、現代化して活用するうえで提起される実践的問題を協議し、共同報道文を採択した。---

    関連記事