北朝鮮と韓国は25日、軍当局間の通信線の復旧問題を議論するための大佐級実務協議をソウル北方の南北出入事務所(CIQ)で行い、東海(日本海)と黄海の両地区の通信線を復旧させることで合意した。韓国国防省が発表した。

(参考記事:北朝鮮の「酔っ払い」が引き起こす戦争の危機

同省が出した報道資料によれば、双方は「まず黄海地区の軍通信線を正常化するために必要な措置を迅速に履行することにした」という。また、「東海地区の軍通信線は山火事によって完全に焼失したため、工事に必要な資機材や所要期間などを追加で協議し、近日中に復旧することにした」としている。

黄海地区の通信線は北朝鮮が遮断していたが、今年1月に復旧させた。ただ、現在は音声通話のみ可能で、ファクスもやりとりするには光ケーブルの復旧が必要となる。

ただ、2008年5月から事実上、北朝鮮により遮断されている南北の艦艇間ホットライン(国際無線通信網)の再稼動に関する協議は、今後に持ち越されたもようだ。

実務協議には北朝鮮からオム・チャンナム大佐が、韓国からチョ・ヨングン国防相北朝鮮政策課長(陸軍大佐)が代表として参加した。