北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、「誠実な過去清算に日本の未来がある」と題した論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。安倍政権が日朝首脳会談の実現を目指す方針を打ち出したことを受け、日本が過去の歴史問題を清算する必要性を強調した形だ。

(参考記事:北朝鮮が日本だけを非難…安倍さんは金正恩氏と会って大丈夫か

論評は、旧日本軍の従軍慰安婦被害者を偲ぶために米ニューヨーク・マンハッタンのニューヨーク韓国人会館に設置された「平和の少女像」が、日本側の反対にもかかわらず、最近、米連邦議会に巡回展示されたことに言及。

続けて、従軍慰安婦問題で日本が、韓国の朴槿恵前政権と結んだ「『合意』なるものを前面に掲げて、凶悪非道な性奴隷犯罪が全部清算されたかのように宣伝している」と非難した。

そのうえで、「日本は、過去の罪悪を覆い隠すことも、その責任から逃れることもできない」と指摘。「過去の罪悪を率直に認めて徹底的に賠償することだけが、日本が生きる道である」と主張した。