同通信の一連の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志が中国を訪問

【平壌6月21日発朝鮮中央通信】

金正恩国務委員長が習近平国家主席と再会

最高指導者金正恩国務委員長が習近平国家主席と20日、釣魚台国賓館で再会した。

釣魚台国賓館の構内には、金日成主席が1959年10月2日に自ら植えたエゾマツが今日も朝中友好の美しい話を伝えて青々と立っている。

習近平主席と彭麗媛女史は、この意義深い所で金正恩委員長と李雪主女史との再会の場をつくり、特別に歓待した。

金正恩委員長と李雪主女史は20日午前、習近平主席と彭麗媛女史と再会した。

金正恩委員長と李雪主女史は、尊敬する習近平主席、彭麗媛女史と温かいあいさつを交わし、今日、このように特別な場をまたもや用意してくれたことについて心からの感謝の意を伝えた。

金正恩委員長は昼食に先だって、習近平主席と談話した。

朝中の最高指導者の単独談話では、現情勢と差し迫った国際問題に対する慎重な意見交換が行われ、新たな情勢の下で両党、両国間の戦略・戦術的協同をさらに強化していくための問題が討議された。

続いて、金正恩委員長と李雪主女史、習近平主席と彭麗媛女史は、睦まじい家庭的雰囲気の中で互いに向かい合って昼食を共にした。

    関連記事