北朝鮮と韓国の労働団体が15日、2000年の南北首脳会談で発表された「6・15共同声明」の発表から18年となったのに際し、「朝鮮戦争の終結を目指す」などとする共同声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、共同声明を出したのは北朝鮮の朝鮮職業総同盟中央委員会(職総)と韓国労働組合総連盟、韓国の全国民主労働組合総連盟の3団体。韓国の2団体は労働者が結成した組合だが、北朝鮮の職総は官製団体。韓国の保守政権時代にはこうした声明を出すことも難しく、今回の動きも南北当局の「融和」の結果と言える。

声明は、今年4月27日の南北首脳会談で発表された「板門店(パンムンジョム)宣言」を歓迎するとしながら、休戦状態にある朝鮮戦争の終結と平和協定の締結、平和統一に干渉する外部勢力の排撃で「先頭に立っていく」とした。

また、韓国の保守勢力などを念頭に「板門店宣言をき損しようとする企図に断固と立ち向かって闘い、宣言の中断のない履行のために全力を尽くす」とした。