同通信の報道全文は次のとおり。

北と南の労働者団体が平和と統一の新時代を開くことを決意

【平壌6月18日発朝鮮中央通信】歴史的な6・15共同宣言発表18周年に際して、朝鮮職業総同盟中央委員会と「韓国労働組合総連盟」、全国民主労働組合総連盟が15日、共同声明を発表した。

共同声明は、北と南の労働者をはじめ全同胞がしっかり守り、実践してきた6・15はついに、板門店(パンムンジョム)宣言の誕生につながったし、6・15の感動はこんにち、4・27の歓喜と激情で噴出し、全民族を5・26の熱狂で沸き立つようにしていると明らかにした。

北と南の労働者団体は、2回にわたる板門店首脳の対面と4・27宣言の採択を再度熱烈に支持、歓迎し、新しい歴史、平和と統一の新時代を先頭に立って開いていく意志と熱意で満ち溢れていると指摘した。

声明は、こんにち、われわれの前には70余年の分裂と隷属の歴史を清算し、自主統一を実現するための民族史的課題が提起されているとし、次のように強調した。

    関連記事