北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は16日、「崖っぷちに追いやられる安倍の政治的生命」と題した署名入りの解説記事を掲載。「森友・加計」問題で窮地に立たされた日本の安倍晋三首相の近況を批判的に伝えた。

解説記事は、同問題で野党が追及を強めてきた経緯に言及。「事態が安倍にとってますます不利になる中、安倍の支持率は急速に下降線を描いている」と指摘した。

また、そのことが秋の自民党総裁選にも影響しそうだとしながら、「長期執権の夢が、不正スキャンダルによって破たんしかかるや、安倍はどうにかして責任を免れようと悪あがきをしている」などと述べた。

    関連記事