【ソウル=ニューシス Korea】ポンペオ米国務長官は14日、ソウルの韓国の康京和外相、日本の河野太郎外相と会談した後の記者会見で、対北朝鮮制裁について「完全な非核化が行われてから制裁などを緩和することになる」と述べた。

(参考記事:「こんなに苦しいと思わなかった…」北朝鮮のエリートが経済制裁に悲鳴

ポンペオ氏は12日にシンガポールで開催された米朝首脳会談にに「歴史的に米朝関係の大きな転換点」と評価。「金委員長が完全な非核化を宣言したのは北東アジアだけでなく、世界の平和と安定に非常に重要」としながらも、「これはひとつのプロセスであり、容易なものではない」との認識を示した。

その一方で、「金正恩委員長も今回のタイミングの緊急性を良く理解しており、非核化を早期に進めたいと考えている」と述べ、北朝鮮の今後の動きに期待も見せた。

対北朝鮮制裁については、「国連の制裁の解除は完全な非核化の検証が行われるまではない」と表明。「全世界と韓米日は北朝鮮のに向け努力する」として、「CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)を共同声明に盛り込むことはできなかったが、その目標から後退しない」と強調した。

康氏はトランプ氏が中止する考えを示した米韓合同軍事演習について、「韓米同盟のレベルで軍当局が協議して決める問題」とし、韓国と米国は今後も「強固な連合防衛態勢を維持する」と述べた。

河野氏は、拉致問題を含め日朝間の問題解決につながる形で日朝首脳会談が開催されることが望ましいとの立場を示した。