北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が12日、国際サッカー連盟(FIFA)2018年ワールドカップの開幕式(14日)に参加するため、ロシアへ出発した。朝鮮中央通信が伝えた。

平壌国際空港で最高人民会議常任委員会の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)副委員長、全光虎(チョン・グヮンホ)内閣副総理、李吉聖(リ・ギルソン)外務次官とアレクサンドル・マツェゴラ駐朝ロシア大使、張承剛・中国臨時代理大使が見送った。