人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

最高指導者は、現地時間で午前8時10分、宿所を発って会談場であるシンガポールのセントーサ島のカペラホテルに到着した。

朝米両首脳が初の対面を行うことになる会談場のロビーには、朝鮮民主主義人民共和国の国旗とアメリカ合衆国の国旗が並んでかけられていた。

現地時間で午前9時、わが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志がアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領と対面し、初の握手を交わした。

朝鮮半島が二分されて対立と反目の歴史が流れてきた70余年ぶりに初めて朝米両首脳が和解に向けた第一歩を踏み出して対話の場に立ち合うことになった。

最高指導者は、トランプ大統領と記念写真を撮った後、談笑しながら会談室に向かった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩委員長とトランプ大統領間の単独会談が行われた。

最高指導者は、今日、ここまで来る過程が決して容易でなかったと述べ、過去の歴史がわれわれの足首をつかみ、誤った偏見と慣行がわれわれの目と耳を覆ったりしたが、それら全てを果敢に踏みつけてこのようにこの席にまで来たし、新しい出発点に立つことになったという意味深い言葉を述べた。

    関連記事