北朝鮮の学校に通う生徒たちは、大きな負担を伴う「課題」に苦しんでいる。課題と言っても、日本の学校で言うところの宿題や自由研究ではない。労力(勤労)動員と物資供出のことだ。しかし中には、これに抵抗する生徒たちもいる。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が実態を報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、政府は「社会動員課題」として、清津(チョンジン)市内の各学校の生徒たちを「工業用の油が必要だ」との理由で大麻とトウゴマを植える作業に動員している。生徒たちは授業そっちのけで、学校や鉄道の線路の周囲に大麻畑やトウゴマ畑を造成する作業に追われている。

それだけではない。大麻とトウゴマの種、養蚕に使う蚕棚を購入する費用を「忠誠の子供資金」として、1人あたり1500北朝鮮ウォン(約195円)を納めることを強いられている。先月も「学校と村の美観事業を行うため」として、その費用を払わされた。

生徒たちにとって最も辛いのは、新年に行われる「堆肥戦闘」、つまり肥料に使う人糞を集める作業への動員だろう。

(参考記事:腸内を「寄生虫だらけ」にする人糞集めが今年も北朝鮮国民を苦しめる

ただでさえ暮らしが苦しいのに、次から次へと押し付けられる「課題」に耐えかねて、親は子供を登校拒否させるというサボタージュに乗り出した。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、政府が推進している三池淵(サムジヨン)郡の建設事業にも生徒たちが多数動員されており、これに対する恨みの声が上がっている。

「ただでさえ労力(勤労)動員ばかりなのに、大がかりな建設事業にまで動員し、『忠誠の子供資金』まで搾り取っている。さすがに、生徒たちは登校を拒否するようになった」

このような課題は、金正恩氏が政権についてから増えており、月平均10元の国家対象建設資金の徴収のみならず、ウサギの皮、古鉄、ゴム、古紙の供出を求め、現物が出せない生徒には現金を支払うように強いている。

そんな学校へ行くのを嫌がり、登校せずに自宅でカツラや帽子を作る内職をする生徒が増えているというのが情報筋の話だ。

北朝鮮では本来、幼稚園から大学に至るまですべての教育が無料で受けられることになっている。しかし、現実は違う。教科書も、制服もすべて有償で、それらもまともに配給されない。

こんな北朝鮮の現状を嫌い、家庭教師や塾で教育を受ける生徒もいれば、脱北して韓国で教育を受けようとする人も増えている。