北朝鮮国営の朝鮮中央通信は11日午前、金正恩党委員長がトランプ米大統領との首脳会談のため、10日にシンガポール入りしたことを伝えた。金正恩氏とシンガポールのリー首相の会談が行われたことも合わせて伝えた。

同通信は、金正恩氏の出発を伝えた記事で、「全世界の非常な関心と期待の中で史上初めて行われる朝米首脳会談では、変わった時代の要求に応じて新しい朝米関係を樹立して朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制を構築する問題、朝鮮半島の非核化を実現する問題をはじめ、互いに関心を寄せる問題に対する幅広くて深みのある意見が交換される」として、首脳会談の意義を強調した。

また、金正恩氏には今回、金英哲(キム・ヨンチョル)、李洙墉(リ・スヨン)の各朝鮮労働党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相、努光鉄(ノ・グヮンチョル)人民武力相、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、崔善姫(チェ・ソニ)外務次官らが随行したことを伝えた。

金正恩氏の出発を総出で見送った党と政府の幹部らは「最高指導者が朝米両国間の初の首脳の対面と会談で立派な成果を収めてなにとぞ無事に帰国することを心から願った」という。

同通信は、金正恩氏が中国の要人専用機でシンガポール入りしたことも報道。金正恩氏が中国の国旗が描かれた機体に搭乗する写真も配信した。