北朝鮮の金正恩党委員長が李雪主(リ・ソルチュ)夫人と共に、新しく建設された平壌大同江(テドンガン)水産物食堂を視察した。日時は不明。朝鮮中央通信が9日、報じた。【画像】平壌大同江水産物食堂を視察した金正恩氏

同通信によると、平壌大同江水産物食堂は「わが人民の好みと嗜好に合わせて新鮮な各種の高級魚族を即座で料理してサービスすることができる」という。

金正恩氏は、「実際に来て見てみると本当に素晴らしくて特色がある」と述べ、食堂の名を「平壌大同江水産物食堂」と命名した。

金正恩氏は、食堂の各所を見て回りながら「軍人建設者が人民のためのよいことをまた一つしておいた」と大満足し、「玉流館のように平壌を代表するもう一つの人民サービス拠点が生まれた」と喜びながら述べた。

また、屋内池で泳ぐチョウザメ、カワゴイ、サケ、ニジマスなどの魚や加工品売り場を見ながら、「わが人民が四季にわたってぴょんぴょん跳ねる魚で作った美味しくて栄養価の高い水産物料理と加工品のサービスを受けることになれば喜ぶだろう」と述べた。【画像】平壌大同江水産物食堂を視察した金正恩氏

視察には、李洙墉(リ・スヨン)、韓光相(ハン・グァンサン)、李炳哲(リ・ビョンチョル)、金与正(キム・ヨジョン)、金勇帥(キム・ヨンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り

金正恩党委員長が新たに建てられた平壌大同江水産物食堂を視察

【平壌6月9日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者金正恩委員長が李雪主女史と共に、新たに建てられた平壌大同江水産物食堂を視察した。

最上のサービス条件を完備した食堂には、各種の淡水魚と海水魚の屋内池と多様な形式の食事室、加工品売り場が設けられているので、わが人民の好みと嗜好に合わせて新鮮な各種の高級魚族を即座で料理してサービスすることができる。

金正恩委員長は、当該部門から寄せられた食堂建設資料を見て設計と施工を立派にしたと評価したが、実際に来て見てみると本当に素晴らしくて特色があると述べ、食堂の名を「平壌大同江水産物食堂」と命名した。

外部と内部の全ての要素が独特かつ精巧で、きれいに施工された食堂の各所を見て回りながら、軍人建設者が人民のためのよいことをまた一つしておいたと大満足の意を表し、玉流館のように平壌を代表するもう一つの人民サービス拠点が生まれたと喜びに溢れて述べた。

屋内池で悠々と泳ぐチョウザメ、龍井魚(カワゴイ)、サケ、ニジマスなどの高級魚族と食堂の特性を生かして設けられた加工品売り場を見ながら、わが人民が四季にわたってぴょんぴょん跳ねる魚で作った美味しくて栄養価の高い水産物料理と加工品のサービスを受けることになれば喜ぶだろう、と述べた。

大衆食事室と家族食事室、民族料理食事室をはじめ複数の食事室を見て回りながら、わが勤労者が家族と共に来て食事もして世界各国の料理も味わえるようにし、わが国を訪れる外国人にもサービスすることについて教えた。

水産物料理の質を高めるのに特別な関心を払い、ここを訪れる人民がいささかの不便も感じないようにサービス活動をまめまめしく、几帳面にすべきだと述べた。

わが人民により裕福で幸せな生活を享受させるために努めるべきだと述べ、食堂の管理・運営とサービス活動における具体的な課題を提示した。

金正恩委員長は、大同江のほとりのうってつけの所にもう一つの人民サービス拠点が建設されたということを知るとわが人民が非常に喜ぶだろうと述べ、食堂の開業に関する指示を与えた。

朝鮮労働党中央委員会の李洙墉副委員長、党中央委員会の幹部である韓光相、李炳哲、金與正、金勇帥、趙甬元の各氏が同行した。---

    関連記事