北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は6日、日本が「海外再侵略で活路を開こうとしている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、日本政府が5月、領域警備や離島防衛など安全保障重視を前面に出した「海洋基本計画」を決定したことと、国連南スーダン派遣団(UNMISS)司令部への自衛官4人の派遣を来年5月末まで1年延長すると決めたことに言及。

「『自衛隊』を戦略的要衝ごとに集中配備して置き、時が来たら海外侵略戦争の遂行へ駆り出そうとするのが日本の反動層の打算」であると決めつけた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 再侵略の刃物を研ぐ日本の反動層を糾弾

【平壌6月6日発朝鮮中央通信】先日、日本政府は閣議で南西諸島を含む島々に「自衛隊」部隊を配備することを骨子とする「海洋基本計画」なるものを決定した。

一方、日本は国連平和維持活動(PKO)を口実にして南スーダンに派遣された陸上「自衛隊」メンバーの駐屯期間を1年間もっと延長することにした。

6日付「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、日本は本土から離れた辺境に兵力を配備すべき緊迫した状況が醸成されたり、海外で「自衛隊」の軍事活動を延長しながら平和維持活動を行うべき理由はないと暴いた。

同紙は、「自衛隊」を戦略的要衝ごとに集中配備しておいて時が来れば海外侵略戦争の遂行へ駆り出そうとするのが日本の反動層の打算だとし、次のように強調した。

しかし、日本の反動層は誤算している。

海外侵略で活路を開こうとするのは、みの着て火事場へ入るような愚行同様である。

日本の反動層の無分別な軍事的妄動を国際社会は鋭く注視している。

日本の反動層はむやみに軽挙妄動してはならない。---

    関連記事