北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、日本人拉致問題は「すでに解決済み」であるとする論評を配信した。

(参考記事:「安倍と手を切れ」「ウェイトレス返せ」金正恩氏が韓国を脅迫

論評は、安倍晋三首相や河野太郎外相ら政府首脳が北朝鮮に対する圧力維持を主張していることに言及。「訪ねる所が中東であれ欧州であれ米州であれ、圧迫の度合いを強めるべきだ、拉致問題解決、という紋切り型の意地悪い言葉だけ」だと非難した。

続けて、「国際社会は対話と信頼だけが(朝鮮半島の)問題解決の基本方途であり、一方的な圧力と敵視はむしろ、事態を悪化させるだけだということをさらに実感している」と指摘。

そのうえで「日本が新しい時代の環境に適応できず、すでに解決済みの『拉致問題』などを持ち歩いて引き続き対朝鮮対決に奔走するなら、世界の嘲笑を買い、歴史の外に永遠に押し出される」であろうと主張した。