北朝鮮の両江道(リャンガンド)の恵山(へサン)で火災が発生し、恵山駅舎とその周辺が全焼する被害が出た。当局は対応の遅れで被害を拡大させながら、責任逃れの弁明を繰り返し、市民の怒りを買っている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。(参考記事:【動画】新義州市で火災、上空に立ち上る黒煙

現地の情報筋によると、出火元は駅舎だった。火は素早く燃え広がり、周囲の建物もすべて燃えてしまった。火災の原因は明らかになっていないが、被害が拡大したのは、保安署(警察署)消防隊の出動が遅れたことが原因だと情報筋は指摘する。

保安署は原因究明の調査に乗り出したものの、被害範囲があまりにも大きく、どこから調査を行えばいいのかわからず、あたふたするばかりだった。結局、架空の犯人に責任をなすりつけることで、ごまかそうとしているもようだ。

「当局は『経済的に苦しく国内的に複雑な情勢のスキを突き、社会不安を煽るため不純分子どもが行った策動』に仕立てようとしている」(情報筋)

以前なら「南朝鮮(韓国)の国家情報院の破壊工作だ」というのがよくある言い訳だったが、南北対話の流れを受けて使えなくなったのか、情報筋は「南」に言及していない。

当局は「こういう時こそ、警戒心を高めよ」などと言って、人民班(町内会)の会議を招集させている。

このような動きに対して市民は批判的だ。

別の情報筋は、事件や事故の多発で広がる不安、不満をそらせるために「不純分子の策動」にしようとしているとして、市民の間から批判の声が上がっていると伝えた。

市内では、駅前以外でも火災が発生しているが、そのほとんどが漏電によるものだったという。地域では、長期間にわたり電気がほとんど供給されない状態が続いていた。最近になって電気の供給が増えたため、市民が一斉に電化製品を使おうとし、老朽化した設備に負荷がかかったことが、火災の原因だと情報筋は説明した。

北朝鮮では設備の老朽化などによる事故が相次いでおり、今年の3月5日には、両江道の各地で交通事故が多発し、合わせて300人が死亡している。