北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、「米国は対話の雰囲気にふさわしく行動すべきだ」とする論評を配信した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:金正恩外交は「すでに惨敗」している…自分の実力を過信か

論評は、米トランプ政権が米韓合同軍事演習の規模を維持することを主張し、また政策担当者から「朝鮮に対する軍事的選択案が排除されたことはない」「核を放棄しなければ体制を保証することはないだろう」などの発言が出ていることを指摘。

これに対し「米国が南朝鮮で毎年行う演習は例外なく朝鮮に対する先制攻撃と全面戦争の挑発を想定したもので、朝鮮半島の平和と安定を破壊する根源だ」と反論した。

そのうえで「合同軍事演習問題は米国が平和を願うか、でなければ戦争を追求するのかを見せる試金石となる」としながら、「米国が会談を心から願うなら、相手を力で威嚇、恐喝する行為をしてはならない」などと述べた。